PAGE TOP

emacs

emacs tips

「Mule」と呼んでいたときからずっと続けているエディタがemacs。そのメモ。

キーボードマクロ

登録の仕方

"C-x ("で開始、登録後"C-x )"で終了。"F4"で同じ操作が出来る。

登録したものを保存し、後で使う方法

  1. マクロに名前を付ける
    1. "C-x C-k n"
    2. Name for last kbd macro:と聞かれるので適当に名前を付ける
  2. init.elに保存する
    1. init.elを開いて、保存したい場所にカーソルを移動
    2. "M-x insert-kbd-macro"
    3. 先ほど付けた名前を入力する。マクロが書かれる。以下はサンプル(一部だけ)
    4. (fset '4taku-seikei
          (lambda (&optional arg) "Keyboard macro." (interactive "p") ...) arg)))
  3. 再び呼び出す方法1:M-x 名前を入力(注意:この方法だと一回一回M-xの操作が必要。
  4. キーボードに割り当てる方法:先ほど、保存したinit.elのコードの後に以下のように入力しておく。
    ;(global-set-key (kbd "<f5>") '4taku-seikei)
  5. 実行したくなったら、init.elを呼び出して、この行の最後でC-x C-eをする。
  6. 多分、もっとうまい方法があるかとは思うがとりあえず、これでOK

grepの走らせ方

  1. M-x moccur-grep-findを使う
  2. 検索語は ==> 「受動態 tex$」とすると、拡張子texの中から受動態を捜す
  3. ファイルを次々と開いていくが、検索バッファを閉じると全部無くなるので、いちいち消す必要がない。
  4. 簡単に走らせる方法:以下をinit.elに記入する
  5. ;;--------------------------------------- color-moccur
    (require 'color-moccur)
    (setq-default moccur-grep-default-mask ".tex")
    (setq dmoccur-list
          '(
            ("dir" default-directory (".tex") dir)
            ("tyugaku" "~/eigojyuku/tyugaku/" ("*.tex") nil)
            ))
    (global-set-key (kbd "C-x C-;") 'moccur-grep-find)
    ;;
    

その他のgrep

  1. moccというものがある? http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_50.html#SEC758
  2. repWin,dnGREPがあるそうだ

文字コードの変換

「C-x RET f utf-8」

eshellでnkfを使う: nkf -w -Lu --overwrite *.txt (-Luは改行をLFのみにするオプション)

htmlファイルの文字コード変換

  1. shfit-jisで作っていたhtmlファイルをnkfで一括変換しようとするがどうもうまくいなかい。
  2. 仕方がないので、emacsを使って上記の方法で1ファイルずつ変換使用したが、これもうまくいかない。
  3. htmlファイルの先頭に書かれていた「encoding="shift_jis"?」が問題らしい。
  4. emacsでhtmlファイルを開いて、「encoding="shift_jis"?」をutf-8に書き換えて、「C-x s」(セーブ)するだけで、utf-8に変換されることが分かった。
  5. encodeingが指定されていない場合、META情報の中の「charset=」を「utf-8」にしても同じ効果。
  6. これはひょっとしたらEmmetがしていること?

タブ(tab)の置換

  1. Replace Stringを起動(上のEditをクリックして選択、Alt+%
  2. タブの指定は「Ctrl+Q Ctrl+I」(Ctrlを押しながらq,Ctrlを押したまま大文字のI)